ボタニカルオールインワンゲル 成分

ボタニカルオールインワンゲルの成分を調べた結果…

ボタニカルオールインワンゲルの成分を調べた結果…

ボタニカルオールインワンゲル,成分

ボタニカルオールインワンゲルは楽天で人気のオールインワンゲルですが、成分的にはどうなのかなと思ったので調べてみました。大容量で結構安いので、正直、ちょっと心配です…。

 

【ボタニカルオールインワンゲルの全成分】
水、グリセリン、プロパンジオール、ソルビトール、BG、スクワラン、 オリーブ果実油、ホホバ種子油、マカデミアナッツ油、カニナバラ果実油、 トコフェロール、レシチン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解エラスチン、 メロン胎座エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、 トウキンセンカ花エキス、シャクヤク根エキス、ハトムギ種子エキス、 チャ葉エキス、ユズ果実エキス、PEG-40水添ヒマシ油、ミリスチン酸ポリグ リセリル-10、カルボマー、キサンタンガム、水酸化Na、カプリリルグリコー ル、フェノキシエタノール

 

ん?と思うのが

  • ソルビトール
  • レシチン
  • キサンタンガム

 

でしょうか。食品に入っているイメージですが…。
そのほかは天然由来成分98%配合というだけあって、お花の名前とか聞いたことのある成分の名前ですね。

 

ソルビトール

保湿効果、柔軟効果にすぐれ、乾燥から肌を守り水分を一定に保つ働きがあるので、化粧水や乳液、クリームなど幅広く配合されている。 グリセリンと同等の吸湿性があるため、肌の角質細胞に潤いをもたらす湿剤・柔軟剤に使われる。

 

レシチン

薬剤成分の皮膚への浸透性を高める効果に優れているため、医薬品、特に外用薬にも広く使われる。 血管拡張作用、発毛促進作用などを有すると言われている。

 

キサンタンガム

保湿効果、粘増効果があり肌表面で保護膜を作り保湿性を高め、乳液やクリームの乳化を安定させ、感触の改良目的で化粧品に配合される。 乳液や美容液など液状の化粧品を作る際に、水に粘性を与え、その粘度の特性によって、製品のしっとり感や、さっぱり感といった使用感を調節する。 乳化粒子や顔料粒子の分散安定性を助ける働きを持つ。 粉状化粧品を固形状にするための結合剤としても用いられる。

 

(出典:https://www.earthcare-net.com/

 

よく化粧品に使われてる成分でした。当然ですが危険性はなさそうですね!
顔にも体にも安心して使えそうです。


ホーム RSS購読 サイトマップ